222019/10 Vol.8 不倫を続けている限り相手が妊娠する可能性があります

8a99bad8d8f72beb1d68a02232bc0744_s

浮気相手の女性が妊娠してしまうことは無きにしも非ずです。そんなこともあり得ると、覚悟はできているのでしょうか。
「子供ができたみたい」
普通なら「やった~。バンザ~イ」って抱き合って喜ぶシーンのはずが、それが不倫関係の場合はいたって大問題です。
彼女が「私は産む。産みたい」と言ったりしたら、もう浮気夫はパニックですよね。

そこで男の真価が問われるかもしれません。
まあ、浮気をしているというだけで、真価も何もありませんけど。

彼女が子供を産むと強く決断した場合、不倫夫はその子の父親としてサポートする必要があります。
もちろん、認知も彼女から求められると拒否はできません。
妻や今の子供にバレるのが困るから「認知はしたくない」と言っても彼女から認知訴訟を起こされると認知は避けられません。裁判所からの「強制認知」です。
俺の子じゃない、などと叫んでもDNA鑑定で明らかになると逃げようも、ごまかしようもありません。
もちろん、DNA鑑定を拒むと証明妨害と見なされ、父子関係を認定することになります。

認知すると、もちろん戸籍に記載され妻が戸籍を取り寄せたら認知した子供の存在は隠しようがありません。
バレバレです。
もし妻との間の子が結婚する時に「戸籍謄本」を取り寄せたときだって自分の母との間以外に子供がいることがバレバレです。

そして、認知を行うと、扶養義務が発生し養育費を支払う義務が生じるわけです。

戸籍でも婚外子の存在は明らかになり養育費も支払わなければならなくなるわけですから家庭に波風が立つのは避けて通れません。
妻から「離婚」を言い渡されるかもしれません。
その時には、また妻への慰謝料と子供がいる場合の養育費が発生します。
妻が不倫相手の女に慰謝料請求することもできます。

また、彼女が中絶を選んだとしても、彼女の心と体に深い傷を残すことは言うまでもありません。
その時に、精神的な苦痛を訴え慰謝料を求められたとしたらそこにも決して少額ではない金額の支払いが発生します。
万が一、中絶手術で予想外のことが起こったとしたら、さらに大問題です。

浮気相手が妊娠してしまい妻とも離婚。
彼女とも別れることに。
さらには、会社にもそんな事情が知れ渡り社会的信用も失った人も少なくありません。

「不倫」という甘い誘惑。
その行く末には想像もしなかったほどの大きな代償が待ち受けています。
不倫を続けている限り、相手が「妊娠」してしまう可能性はあるのですから。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。