302019/08 Vol.4 社内不倫の行く末。職を失う、地位を失うことは珍しくありません

8693f79584d10bc2e439ed147ed6f87f_s

不倫で最も多くみられるケースが「社内不倫」「職場不倫」です。
上司と部下もいれば、同僚どうしもあります。
そして、職場不倫はかなりの率でバレやすいものです。
社外で2人でいるところを目撃されることも多いはず。
もちろん、いろいろ嘘の説明をするでしょうが
な~んとなくわかってしまうものです。

また、親しい同僚につい相談してしまったりすることも。
「言わなきゃよかった」って後悔しても遅いようです。
「誰にも言わないでね」は、「誰にでも言ってね」に等しいくらい
いつの間にか広がってしまいます。

怖いです。人の口って。

まあ、隠そうとすればするほどバレるものです。

そして、社内不倫の怖さは「リスク」です。

まず「職場での信用」を失います。
入社してからというもの、仕事は一生懸命頑張ってきた。
だから、今の地位もある。
経済的余裕も出てきた。
でも、職場で不倫の噂が立ってしまうと
たちまち「不倫してるみたい。信じられない」と
囁かれ始め、仕事仲間からの信用を失ってプロジェクトチームから外されたり、社内でのコミュニケーションが取れなくなってしまいます。

この噂、社内だけにとどまらず、取引先にまで広がって仕事にも随分と影響が出てきます。

「これはプライベートな問題で、仕事とは関係ないはず」と言いたいですよね。なかなか、そうはいかないようです。
人が人として誠実であっての仕事であり、信頼であるということです。

こんな状態に耐えられなくなって退社する人もいます。
上司から注意を受けて降格になることも珍しくありません。

社内不倫は、仕事に多大な影響を及ぼしてしまいます。

社内不倫がバレたら
2人が背負うリスクは想像以上に大きいものです。
仕事上の信用、社会的地位をなくし、さらに多額の慰謝料を支払うために借金まで背負うことになり兼ねません。

確かに「不倫」はスリリングでドラマチックかもしれません。
ドラマの主人公になったような気分で
日々、浮かれた楽しい時間を体験できるかもしれません。
でも、その先には精神的、社会的、金銭的な代償が待っています。

そうなって、後悔しても遅いのです。
相手の家庭を壊し、妻(夫)や子供をどん底に陥れ
傷つけてしまったことへの罪の意識も一生背負うかもしれません。

それでも不倫しますか。
それでも不倫やめませんか。

誰もハッピーにならないのが不倫です。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。