242020/05 自分の不倫、パートナーの不倫。いずれにしても、冷静になることが大事

2895269_m

世界中がコロナとの戦いに渦巻かれています。

人ごとではない状況の中ですが

自分にできることを日々、きちんとやって乗り切っていかなければなりませんね。

過剰に恐れるのも、甘くみるのもいけない。

ただ、淡々とやれることをやっていくしかないと思います。

それにしても、死者が多い国は恐怖に包まれているんだろうな、と思うと…、やはりウィルスとの戦争ですよね。

でも、冷静に、冷静に。

冷静であることって、難しいですよね。

人間は感情の生き物ですから。

冷静でいるためには、正しい知識、情報が必要だと私は思います。。

私たちが日々対峙している「不倫」なんて

ともすれば感情のぶつけ合いになりがちです。

ただ、感情をぶつけ合っても「解決」にはなりません。

さらに傷つけあって、思いもよらない結果に走ってしまうことになってしまいます。

誤解を恐れずいうなら

比較的女性は感情に走りがちです。

W不倫に陥っていた不倫妻。

夫がそんな妻に違和感を感じて一言問い詰めた途端に

「好きな人がいる。もうあなたとは暮らせない。離婚して欲しい」と

堰き止めていた感情を一気に捲し立ててしまったのです。

夫は、妻の言葉驚き

少し呼吸を整え

「子供はどうするつもりだ?」「相手も既婚者なんだろ?」と。

妻は、さらにヒートアップして

「とにかくあなたとが嫌。離婚してもなんとかやっていける。子供もちゃんと育てる」。

当然のことですが、ちゃんとした答えにはなっていません。

確かに妻一人なら、「なんとか」なるかもしれません。

W不倫によくあるケースですが、互いに離婚して「一緒になろう」などと盛り上がってしまった二人。

感情的になりやすい妻(女性)は、「なんとしても離婚!」と離婚してしまう。

しかし、そんな状態になったら不倫相手の男は逃げ腰に…。

結果的には、相手の男は離婚することもなく、連絡もなく、お別れ。

それなら、まだマシなケース。

最悪なのは、「もう少し待っていて欲しい」などと

甘い言葉を囁きながらの「不倫継続」。

こんな場合のほとんどは

相手の男は離婚しないのです。

そんなに簡単に「離婚」できるはずもありません。

「妻」がいるのですから。

不倫妻は、少しずつ「後悔」し始めます。

そして自分の犯した罪に気づくのです。

夫も、子供も、自分の不貞によって人生を狂わせてしまったことに。

「不倫」という罪について。

「不倫」がもたらす代償。

少し冷静になって考えてみると、「不倫」の怖さがわかるはずなのですが。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。