302020/03 毎日遊んで暮らせるのは誰のおかげだ!だから不倫くらいなんだ!不倫夫の勘違い!

798bbe687ed6251a20eee9a39348458f_m

新型コロナウィルス、大変なことですね。
いろいろなことが起こるものです。
もしかして、妻に内緒で中国への旅を楽しんできた不倫夫がいたりしたら…、想像しただけでゾッとします。
刺激を求めて軽い気持ちで走りがちな「不倫」ですが、不倫のリスクは思ってる以上に高いと思います。
「覚悟の上で」と言うかもしれませんが、いざとなるとそうはいかないようです。
誤解を恐れず言うなら、不倫とは、安定した家庭を背景に成り立っている、そんな気がします。
矛盾した発言ですけど。
さて、「最初っから家庭を壊す気はない。生活費もちゃんと入れている。時々、家族旅行だって行ってるし、子供の参観日にだって一定。何もモンクはないだろう」と開きなおる夫がいます。
確かに、外泊するわけでもなく、夕食も一緒に食卓を囲むことも少なくはない。
夫が不倫をしているからって、生活費に困ることもない。
だから、黙ってろ!不倫を認めろ!って感じです。

なるほど、と一瞬思ってしまうかもしれません。
「亭主、元気で留守がいい」などと世の妻たちは笑っていますし。
でも、夫婦ってそんなものでしょうか。
家庭ってそんなものでしょうか。

生活費に困らなくて、子供達を育てるための結婚?

いえいえ、そんなはずはありません。
夫婦の信頼関係ありきの「生活」「子育て」「家庭」ではないでしょうか。

浮気夫は、浮気妻も一緒ですが
浮気されている側の苦しみ、痛みをわかって欲しいと思います。

浮気夫が言ったそうです。
「お前が嫌なんだよ。こればっかりは仕方ないだろう。でも、離婚したりしない。生活費も入れる。子育ても協力する」

ん?
だから何?

不倫を認めろって言うのでしょうか。

「もうお前は嫌いになってしまった」
そんな氷のような言葉を不倫夫に吐かれた妻は少なくありません。
そこで、傷つかないでください。
と言っても無理かもしれませんが、大丈夫です。
こっちだって嫌いなんですから(今は)。

でも、夫の「お前はもう嫌い」という言葉の裏には
女がいるから、お前が嫌い、というだけです。
あなたが不倫夫を、不倫夫を不倫しているから今は嫌いと同じ感じです。

このまま目をつぶっていれば、生活も安泰。だから、目をつぶるのは賢明ではないでしょう。

「離婚は絶対しない」といってるから、我慢しよう、などと思うのもナンセンスです。
浮気夫に「離婚する、しない」を決める権利はまったくありませんから。

もし、「離婚」となるなら、浮気されている妻(夫)の手に決定権は握られています。

「嫌われたらどうしよう。離婚されたらどうしよう」
そんなことで自分を押し殺して生きるのは時間がもったいないと思います。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。