92020/01 「妻の不倫を終わらせたい」「でも離婚は避けたい」早期発見、早期解決しか道はありません

c36c0571f9522c768627d4875ea645b3_s

気がつけば師走。
冷たい北風が吹き始めました。
つい最近まで、暑い暑いと言っていたはずなのに…。
さて、街にクリスマスソングが流れ、気持ちが浮き足立つ今日この頃。
みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。

心華やぐ季節は、はっきり言って「不倫」も華やぐ季節です。
クリスマスパーティ、忘年会、同窓会などなど、
不倫が芽生えそうな催しが目白押しですから。
ちょっと現実逃避してしまいたくなる季節です。

先日、訪ねてこられた相談者の男性。
「最近、妻が綺麗になった。何かキラキラしてる。洋服や下着も、ちょっと派手になったような。鏡の前でしきりにプロポーションを気にしたりして、なんか違う。もしかして」
…妻の浮気相談でした。
話を伺えば伺うほど、多分、夫の不安は的中していると私たちは判断しました。

そして、夫と話をしていく中で気になったことが
妻の不倫を終わらせるそのことよりも
その先の夫婦関係のことに気を取られていることでした。
「ここで無理に不倫を終わらせたら、これまでよりもさらに険悪な夫婦関係になってしまうのでは」
「一度不倫が終わっても、妻はまた不倫をするのではないだろうか」

まるで腫れ物を触るように「妻の不倫」をとらえてしまっているようでした。

「離婚」は避けたい夫。
だからこそ、不倫をしている妻との今後の夫婦関係がどうなっていくのか、ということに頭を抱えている様子でした。

私たち探偵から言わせていただくと
まずは「不倫」を終わらせること。
その後の夫婦の修復については、それからの問題としてあらためて向き合って行って欲しいと思います。
そうしないと、「不倫に幕を降ろす」ことは難しいのです。

「自然に関係がキレてくれたら…」
そう願う気持ちは痛いほどわかります。
ただ、望みは薄いです。

いつも言ってることですが
不倫はいつかは終わるでしょう。
でも、本当にいつか、です。
明日なのか、3年先なのか、それとも。
まったく予想はつきません。
だから、終わらせる必要があります。

先のことを考えると
その不倫、静観するしかないかもしれません。
でも、先のことを考えるからこそ
今、終わらせることが大切です。

大変な今を乗り越えて
その先の、またその先に
不倫騒動も懐かしい思い出話しにするためには
やっぱり早期発見、早期解決が必要です。

不倫関係を終わらせることと
夫婦関係の修復は
ひとまず切り離して考えてみませんか。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。