222019/10 後悔しない選択「離婚は不倫されたあなたがいつでも決められる」

e25c32a5a1f644f8b1723bd285bb134f_s

不倫された妻は不倫夫と離婚を選択するのか。
以前にも何度も書きましたが
ほとんどの妻は「離婚」ではなく「修復」を願っています。

離婚を選択しない理由はさまざまです。
子供のため、家族を守るため、
そして、まだそれでも愛しているから。
一生添い遂げることを誓って結婚したはず
喧嘩もしたけど
楽しかったこともたくさんあった。
子供の誕生も二人涙して喜びあったのに。
何でこんなことに。

夫は本当にあの女を愛しているの?
私の何がいけなかたの?

不倫された妻の心の葛藤はここに書ききれるものではないはずです。

でも、やっぱり離婚はしない。

不倫がバレた夫に逆ギレされて
「もういい。離婚だ。お前とはやっていけない」
そんな悪態つかれても
「離婚」という選択はしなかったのに。

不倫がバレても、
妻と向き合おうとしない夫。
ごまかしてばかりの夫。
まだ、嘘がある。
まだ、逃げてる。

もう無理!
離婚でいい。
離婚がいい。

妻の心が変わる時があります。
離婚してしまえば
こんな夫に心悩まされることはないはず。
信じられない夫と生活を共にすることは無理。
夫の嘘が一つ一つ暴かれていく中で
これからどうやって夫婦を続けていけばいいのだろう。
一緒にいる限り闇の中。

離婚しよう。
平穏な日々が欲しい。
幸せになりたいから。

「離婚は絶対しません」から
「離婚するしかない」と
妻の心が変わってしまうことは多々あります。

不倫がバレて「離婚だ!離婚だ!」と逆ギレした夫の
「離婚宣言」よりも
ずっと信憑性のある「決断」です。

そんな妻の心の変化に
我に返る夫も少なくありません。
ここで初めて不倫を後悔するわけです。
妻が本当に離婚するなどと不倫夫は思っていなかかったのです。

何となく始まった不倫。
バレるはずがないと高を括っていた不倫。
離婚なんかされるはずがないとも甘えていた不倫夫。

妻が「離婚」を口にしたとき
「覆水盆に返らず」でそのまま離婚になるケースもあります。

不倫された側が「離婚」を決意するなら仕方ない
私もそう思います。
ただ、「離婚」という決断を急ぐことはありません。
1ミリでも離婚したくないという気持ちがどこかにあるなら
結論を急がないでください。

そのほうが後悔しないと
多くのケースを見てきた私は断言できます。
「離婚」はいつだってできます。
不倫された側が決めるのなら。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。