222019/09 不倫とは「妻」という存在があってこそ 盛り上がっていた「疑似恋愛」!?

9c92abb774746d5d5dd66f2569c738ee_s

少しずつ少しずつ秋に染まっていく日々
「旅に出たいなあ~」などと思うのは私だけではないはず。
そうそう、不倫やらかしてる方々もヒソヒソと「不倫旅行」のプランなど立てているんじゃないでしょうか。
その不倫、必ずバレます。
そして、不倫は不思議です。
きっと本人たちは気づいてないかもしれませんが
「妻」の存在があって成り立っている関係のように思います。

だから、多いんです。
不倫関係にあるときは、あんなに燃え上がっていたはずなのに
なんだかんだあって、修羅場もあって、金銭的なリスクも背負って
やっと「不倫」から抜け出して
「はい、今日から自由に会えます」
「はい、いつも一緒にいられます」
「待つ女でもなく、待たせる男でもなくなりました」
「嘘をつかなくても一緒にいられます」
…そんな関係になったとき、覚醒してしまうんですよね。
人間の感情、心は予想もつかない方向に行ってしまうんです。
自分でもコントロールできないほどに。

バレないと思っていた不倫がバレて
妻が覚悟の上で行動し
よくある夫の逆ギレ!
「そんなこと言うんだったら離婚!離婚だ!」って。

誤解しないでくださいね。
夫がいくら「離婚だ!離婚だ!」と喚き散らしても
決定権は不倫された妻にあります。
だから、離婚したくない妻はそんな脅しに怯む事は微塵もありません。
堂々と「離婚なんかしない」と言っていればいいのです。

「もうこんな夫いらない」
そう思った妻は、離婚しました。
もちろん、相手の女からの慰謝料もいただきました。
夫からもいただきました。
その辺はキチンと。感情的にならず、淡々と。これ、大事です。

私的には、離婚になる不倫では無い、と確信していましたが
妻も離婚を希望したのです。

しかし、しばらく経ってから
妻から連絡が入りました。
「元夫は、彼女とダメになったみたいです。もう一度やり直してくれないか、と言ってます。ありえませんよね。ばかみたい」と。

笑ってしまいそうですが、こんなケース多いんです。
あんなに愛していたはずなのに…。

私が思うに「妻」という存在があってこそ
盛り上がっていた「疑似恋愛」だったのです。

でも、まさに「覆水盆に返らず」です。
離婚して、あらためて思い知る妻の存在です。

一方離婚して、あらためて知る夫の不甲斐なさ、かも知れません。
妻にしてみれば、女の失いたくないばかりに吐いた暴言や悪態で夫の見たくない部分を見てしまったのですから。

残念!!

秘密厳守。お気軽にご相談ください。