292019/07 【離婚後の暮らしをできる限り安定したものに】有利な離婚をするための相談依頼

3f745ec2efce0d4a1b4ae70b32fade85_s

探偵に依頼するのって、本当に勇気のいることだと思います。
悩んで悩んで…悩んだ結果のことでしょう。
だから、憔悴しきった様子で当社のドアを開ける方も少なくありません。

そんな一方で、浮気している側は「恋愛ごっこ」に夢中なんです。
その行く末には「取り返しのつかない後悔」が待っていることを、知ってか知らずか。

ある日突然
「もうお前とは無理だ」って夫が言った。

夫の浮気には何となく気づいていた。
でも、ちょっとした遊びだと自分い言い聞かせ
気づいてないふりで日常を積み重ねてきた。
そのうち終わるだろう、と信じて。
正直、地獄のような日々。
他の女と食事をし、身体を重ね、夜中に戻ってくる夫に
「お帰りなさい」「行ってらっしゃい」と声をかけ
ご飯を作る日々。
とにかく、耐えてきた日々。

それなのに
「もう無理だ。離婚して欲しい」の一言。
そして、子供たちをおいて家を出て行った夫。
泣き喚きたいけど
そんな感情的な自分を子供に晒すわけにはいかない。

つくり笑顔で子供と暮らす日々。

夫はわかってるのだろうか。
妻だけでなく、子供の心にも深い傷を追わせていることに。

そんな中で、ある日妻は離婚を決意したのです。

「もう、無理。離婚する」と。

そして、探偵社のドアを叩きました。
有利な離婚を勧めるためです。

当社を訪ねてこられるほとんどの相談者は「離婚」ではなく「修復」を
望まれています。
しかし、「もう無理」と「離婚」を固く決心したから訪ねて来られる方もいらっしゃるのです。

夫のいない生活は、まず経済的に不安定です。
精神的不安定を取るか、経済的不安定を取るかの選択に
妻は長く悩み心を痛めたと思います。

しかし、決意したのです。
たとえ、夫が女と別れて戻ってきたとしても
「無理」と。
そんな自分の気持ちを見極めて探偵社を訪ねたのです。

離婚後の暮らしをできる限り安定したものに。
子供のためにも、自分のためにも大切なことです。
もちろん養育費や財産分与もしっかりと。

そのために探偵社を訪ねたのです。

妻から本気の離婚を宣言されたとき
きっと夫は心がざわつくでしょう。
「えっ、まさか、あいつ」と思うでしょう。

自ら離婚を言い放っていたとしても
心のどこかで「そんなことできるはずない」と
高を括っていたのですから。

そして、気づいてみれば
子供もいない。
会社での信用もない。
お金もない。

夢心地だった不倫の日々から引きずり降ろされた
そのとき、
「何やってたんだろう。俺って」

身に沁みて後悔する時が必ずくるのです。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。