292019/04 妻が嫌いだから「浮気」ではなく 「浮気」を始めたから妻が嫌いになる、という構造

b1b4941ef24ad0243bfe243513a47782_s
花冷え、三寒四温…。
そんな日々ですね。
最近感動したこと。
イチローの引退会見でしょうか。
なんと、これまでほとんど語ったことのなかった「妻」への感謝も述べましたね。
おにぎり2,800個。いい話でした。
あんな夫婦だったらよかったな~などとフッと自分が置かれてる現実を顧みた妻、夫もいるのではないでしょうか。
でも、きっと多かれ少なかれ、いろんな壁を乗り越えてこられての「今」「感謝」「イチロー夫妻」だと思います。

夫の浮気に悩んでる妻は思うでしょう。

「なんで浮気なんかするの?
私が嫌いなの?
私がいたらないの?
どこがダメなの?
2800個のお握りに負けないくらい尽くしたつもりだけど」

自分を責めるのはやめましょう。
多分、妻のせいではないと思います。
いくら尽くしても、いくら愛しても、「浮気」はある日突然始まることの方が多いんです。

妻が嫌いだから、離婚したいから…そう思って浮気に走ることは極めて少ないんじゃないでしょうか。
会社の飲み会でついそんな関係に。
久しぶりの同窓会で、元彼女と話が盛り上がってついそんなことに。
ホントに「つい」の出来事なんです。
ただ、そこからいろいろな感情が盛り上がってしまって
「妻」への不満をフツフツと感じてしまう夫なのです。

妻が嫌いだから「浮気」ではなく
「浮気」を始めたから妻が嫌いになる…そんな構造です。
嫌いになるというよりも、女の方が良くなるんです。可愛く思えてくるんです。
恋愛状態ですから。

でも、夫は不倫女に語ります。
「君のせいじゃない。すでに妻との関係は終わってたんだ」などと。
妻にも語ります。
「性格の不一致だ。価値観が違い過ぎる。もう無理だ」などと。

浮気が進展すればするほど「妻」は夫になじられ、攻められるでしょう。
そのときに「不倫に侵されている夫」に振り回されないことが大事です。
同じように夫をなじったり、攻めたりしてもなんの効果もありません。
どんどん悪化していきます。
浮気を疑い、攻める「妻」をさらに嫌いになります。

じゃあ、どうすればいいの?

まずは自分を卑下しないことです。
決して妻が嫌いになったから浮気したわけではないと強く信じましょう。
そして、いつも言いますが
「離婚」するか否かは、あなたが決めればいいのです。
浮気している側に選択権なんてありませんから。

そのことが一番大事だと思います。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。