282019/03 浮気からの家庭の崩壊。一番の犠牲者は子供です

8db38bb9b92e27f2e48617fc33151790_s
白梅が散り始めました。
一方で白椿やユキヤナギが咲き始めています。
もうすぐ窓にいっぱいの花桃が咲く準備を始めています。
それにしても、我が家は白い花がほとんど。
別にこだわったわけではないんだけど。

さて、春です。
気持ちがウキウキしてきませんか。
で、恋がしたくなったりしていませんか。
不倫もいいな~、などと思ったりしていませんか。
そんなかる~い気持ちが「家庭崩壊」にまで繋がったりするんです。
浮気は怖い…今日はそんな話です。

「なんだか最近夫のようすが変。冷たいし、なんかグチグチ文句ばっかり」
そんな悩みを会社の上司に相談していた妻。
そして、よくあるパターンで、一度だけいけない関係を持ってしまったのです。

で、そこを夫に突つかれ
「お前、最近変だぞ。浮気してるだろ。正直に言ったら許してやる」と。
もちろん、そんなに簡単に言ってしまうわけはないのですが
「実は探偵に調べてもらって証拠はつかんでる。本当のことをお前の口から言うのなら、何もなかったことにする」という夫からのしつこい責め立てに妻は白状してしまったのです。

で、何もなかったことになるはずだったのに
そこから夫は鬼の首でもとったように
「離婚、離婚、離婚…」と毎日のように責め立ててくるようになったのです。

「探偵に依頼して証拠はある」という夫の言葉を真に受けてしまった妻でしたが、後でそれは嘘だったということが明らかになりました。

そんな日々を過ごしているうちに
妻はふと思ったのです。

「もしかして夫には女がいるのでは」と。
たった一度の誤ちを逆手にとって自分の浮気を隠して優位に離婚しようとしていることに気づいたのです。

そうなんです。

夫にとって妻の浮気は「ラッキ~」だったのです。
妻は自分の浮気いついても全て語って夫の調査を依頼しました。
結果は妻の想像通りのクロでした。
それも、妻が上司と誤ちを侵す前から浮気は始まっていたことも明らかになりました。相手も人妻でした。

この浮気妻は、自分の夫との離婚をちらつかせて浮気を続けていたようです。
だから浮気夫もマジに受けとめて妻と離婚して一緒になろうなんて浅はかなことを考えて、妻に離婚を迫っていたようです。
しかし、浮気が夫にバレた時点で浮気妻とは連絡が取れなくなったとか。

で、一度だけの誤ち(だからと言って許されるものではありません)を理由に離婚を迫られていた妻はどうしたのでしょう。
離婚を決意しました。

二人の子供をそれぞれが引き取り
二人は離婚しました。

家庭の崩壊です。

一番の被害者は大事な大事なお子さんです。

ほんのちょっとした気の緩みから始まる不倫。
何気ないことから始まる男と女の道ならぬ関係。

人生、慎重に、きちんと生きて行きたいものですね。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。