222018/08 妻よりも不倫相手の女性が好きだから…で離婚するケースは殆どありません

e5c80980a7577e96039dc6591e5763da_s
日本の離婚率は世界で36位だとか。
主要国でみると第6位。

離婚原因となる一番多い理由は、よく聞く性格の不一致だそうです。
その次に多いのは異性関係。
つまり不倫によるものです。
最近ではW不倫とやらで既婚女性の不倫率も年々高まってきていますが
それでも、やはり夫の不倫が原因で離婚するケースが多いようです。

これまでに何度も書いてきましたが
当社に来られた相談者の殆どが
離婚ではなく修復を選択し
90%の方が修復されています。

しかし、なかにはやはり「離婚」に至ってしまうケースもあります。

不倫が明らかになった夫とはいえ
離婚を覚悟で不倫している人は殆どいません。

不倫相手の女性が凄く好きだとしても
家庭を捨てて次の結婚へ…
その道を簡単に選択する男性はいません。

代償が大きいからです。
よく言います。

「離婚は結婚の3倍のエネルギーがかかる」と。

世間体もあります。
社会的信用も失います。
子供も離ればなれになります。
罪悪感だってあるでしょう。

妻を裏切って不倫相手と結婚することで
本当に幸せになれるのか
そんな不安にも苛まれるはずです。

しかし、これらの全てを乗り越えて離婚を決意する夫の心の底にあるものとは。

もちろん理由は一つではありません。

いろいろあります。

私が個人的に取り上げたいのは
「家庭に自分の居場所がない」という
不倫夫の声です。

もちろん不倫していながらそんなことを言うなんて…と思います。
不倫したから居場所がなくなったのか
居場所がないから不倫したのか
わかりませんが…。

男ってプライドで生きてると言ってもいいくらいの生き物です。

上司や部下に気を遣い
やっと家に辿り着いたと思っても
そこには不満だらけの妻がいる…
当然、家に帰ることが嫌になりますよね。

夫へのリスペクトがない妻だと
子供だって右へ倣えです。

居心地のいい家庭
明日への鋭気が養える家庭
いくら男女平等とはいえ
自分を家長としてリスペクトしてくれる家庭

そんな家庭を新しく築きたいと思って離婚を決意してしまう夫がいます。

夫の不倫を決して擁護するわけではありませんが
夫の不倫は夫だけが悪ではありません。
妻にもいくらかの原因があります。
さらに離婚を決意させるほどの原因があります。

多くのものを失ってまでも離婚を決意するには
妻よりも不倫相手の女性が好きだから…というケースは少ないのです。

夫の不倫は
ある意味、温かい家庭を再構築するチャンスかもしれません。

離婚か修復か
大きな別れ道です。
不倫というマイナスを
素敵なプラスに変えていただければいいなー
フォーチュンはそう願っています。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。