252018/07 幸せが約束された6月の花嫁。それでも不倫に悩むこともあります

346890abfdb14220469feebda938a50c_s
もう一年の半分が終わりました。
2018年も後半に突入です。

さて、7月に入ったのに
6月に関係のあるテーマでどうかな~と思うのですが
そこは目をつむっていただいて
書いてしまいたいと思います。

前々から思っていました。

「ジューンブライド」
「6月の花嫁」

ジメジメした嫌~な梅雨時期の花嫁が幸せになれるって
どういうことなんだろうと。

6月も終わったのに
ちょっと調べてみました。

これは古くからヨーロッパで伝え継がれていることだとか。
なるほど。
ヨーロッパでは日本と違って気候の良い時期。
乾季入っている国が多く心地よい風が
そよぐなかで結婚式が行えるということからのようです。

また、ギリシャ神話に登場する主神ゼウスの妃で
結婚や出産を司る女神
「Junoジュノ」が守護する月が6月であることに由来しています。

日本ではやはり梅雨時期の結婚式はなんとなく…ということで
入籍日を6月に選ぶカップルもいるようです。

もちろん、このさい海外挙式を!
というカップルもいます。

さて、今日は花嫁の話から初めてみました。
幸せの絶頂期ですね。

一生愛することを誓い
一生添い遂げることを誓ったあの日です。
まさか、相手が違う女性と、ちがう男性と…不倫。

そんなことは夢にも思っていなかったはず。

あの日のことを思い起こすと
まさか自分が不倫に悩むなんてあり得ない
と思うことでしょう。

でも、人生、何が起こるかわかりません。
あんなにやさしかった彼が
いや、夫が…なんか少し変。

あの彼女が、いや妻が…。

愛していれば愛しているほど
相手の様子の変化が気になります。

勘違いかな~

確かに勘違いかもしれません。

ただ、悲しいことに
勘違いじゃないことの方が多いのです。
高い確率です。

当社を訪ねて来られた相談者の方と話をしていると

「たぶん、不倫はされてないと思いますよ」と私たちが応えるケースも
なかにはあります。

後日、「私の勘違いでした。ありがとうございました」と
お電話いただいたこともあります。

しかし、どうしても疑いが拭えないということで
調査依頼を受けたこともあります。
シロでした。
これは、不倫をしていないことを証明した調査になってしまいましたが…。
それでもいいので、という強い希望でしたから。

長年、不倫と対峙していると
相談者の話を聞いているだけで
不倫しているか否かは100%に近い確率でわかります。

もし、パートナーの不倫を疑って
心痛めているなら
ご相談ください。

相談は無料です。
もちろん、調査の強要はありません。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。