232018/05 不倫後の再構築を考えている人に

334bea04325c9317908c7cd8e46957cd_s
再構築の心得と方法
「リストラクチャリング」
いわゆる再構築。

本来は企業が成長戦略を実現するために業務や商品構成の改善を図ることを意味したものですが、
日本では、リストラクチャリング=リストラ(人員削減)と、ネガティブな用語として認識されるうようになっています。

いきなり、小難しいことから始まってしまいました。

気がつけば2018年も半ばとなっています。
本当に一年があっという間に終わってしまいそうで焦ってしまいます。
気を引き締めて毎日を生きていきたいものです。

ところで、
企業にもリストラクチャリングが必要な時期があれば
夫婦にもリストラクチャリングは必要な時があるはず。

ここでいうリストラクチャリングは
ネガティブな用語ではなくて
本来のポジティブな用語としてのリストラクチャリングです。

よりよくするための
改善です。

夫婦間のリストラクチャリング、つまり再構築。

そのベストタイミングがパートナーの不倫発覚時ではないでしょうか。
私はそう思います。

当社のドアを叩く相談者の殆どが
夫婦間の修復を願って訪ねてこられます。
まずは真実を明らかにして、真実と向き合い
夫婦間に生じてしまったトラブルを解決し、
溝を埋めていくことが大事です。

夫婦間の再構築です。

はっきり言って
何もなかったように…などというのはあり得ません。
不倫という事実は消えないのですから。

大切なことは
「新たなスタートを切る」ということです。

もちろん不倫をされた側は
心に大きな傷を抱えています。
簡単に癒える傷ではありません。

修復はとても長い道程になるかもしれません。

互いに「修復」を決めたなら
一度は怒りや悲しみをさらけ出し、
感情をぶつけ合ってみましょう。
不倫をした側にも言いたいことはあるはずです。
ここが再構築のスタートだと思います。

その後は
「不倫の話しはタブー」です。
これは大事な法則です。
過去の話はマイナスにしかならないことを覚えておいて欲しいと思います。

そして互いの予定を把握する
二人の時間を作る
怪しい行動はとらない…

そんなルールを二人で決めて実践していくことが大事だと思います。

不倫発覚を機に
以前よりも良い夫婦関係を構築していければ
不倫もただ傷ついた人生の汚点ではなく
なかなか、貴重な体験だったと思える日が来るはずです。

ただ、決して焦らないことです。
長い道のりかも、と覚悟していれば
あっという間の時間かもしれません。

もう2018年も始まったばかりと思ってたら
半分まできてしまっているのですから。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。