Archives

162008/04 潔白な男

お久しぶりです。Tです。
皆さんお元気ですか?
私のほうは連日連夜の張り込みで少々体にキています・・・。
昼間は暖かくなったとはいえまだ夜は寒い時期の
長時間の張り込みは体にこたえますね。

久しぶりの更新ですが、業務多忙のためなかなか時間が取れそうに無いです。
嬉しい悲鳴ですね。

今回は私の失敗談?についてお話します。
昔々、四国での話ではないのですが、奥さんが浮気相談に興信所に来られました。

奥さん曰く、
「主人が一年ほど前から浮気をしている」
「主人がたびたび女と旅行に行っている。」
「出張だと言って家を明けたので主人の会社の知人に確認を取ったが出張した事実は無い。」
「離婚して慰謝料を取りたいのでなんとしても証拠を押さえて欲しい」

奥さん側発言の要旨としてはこのような感じでした。
まだ若く実績が欲しかった私は一も二もなく依頼を受けました。

それから数日後のこと、奥さんから連絡がありました。明日から旦那が出張に行く、とのことでした。

翌日、依頼者自宅前にて旦那を捕捉、早速尾行を開始しました。
地元の駅前で女性と合流、新幹線に乗り込みました。
また事前に奥さんに話していたT県ではなく全く逆のA県へ向う新幹線に乗り込んだことで
私の中での疑いは確信へと変わっていました。

二人はA県駅前からタクシーに乗車、そのままホテルに乗り付けました。
後を追い二人の部屋を確認しに行った所、奇妙な点に気付きました。
「二人の部屋が違う」という点です!
通常不倫旅行というのは男女同室というのが一般的です。
別室という事も稀にありますが、このときはこれでまた業績を上げられる!
という思いも少なからずあり盲目的になっていたのでしょう。そのまま調査を実行しました。

それからホテルに入ってから三日間、尾行・張り込みを行いましたが
「肉体関係」を持ったという事実はありませんでした。
外出は二人連れ添ってホテルを出ますが、温泉観光・観光地めぐりのみ、
ホテルに戻ればそれぞれの部屋に戻るだけ、連日連夜張り込みましたが深夜になっても
双方が部屋から出ることはありませんでした。

以上の調査事実を奥さんに報告しましたが、やはり納得してはもらえませんでした。
我慢できなかった奥さんは浮気?相手の女性に全てを話し真相を聞いたそうです。

女性曰く
「確かに旅行には行った。当日も以前も肉体関係はない」
「奥手のダンナで向こうから肉体関係を要求してきたことはない」
「温泉に行きたかったので利用させてもらった」

とのこと。
その後奥さんも納得し、離婚せず元の鞘に収まったと聞きました。

やはり事前によく現場の状況を把握し、情報を整理する事が大事ですね。
今はもうこのような事もないですが、今でもたまに思い出すことがあります。

毎度毎度のつたない文書申し訳ないのですが、週一回程度で更新しますので
読んでくださいね。
少しでも私たちの仕事のことを理解していただけたら、と思って頑張ります!

292008/01 気持ちが変わるとき

こんにちは、Tです。(・∀・)つ

今日はご相談者の気持ちの変化について考える所がありましたので
その事を書かさせていただきます。

当社は浮気・不倫調査専門の興信所ですので必然的に男女関係でお悩みの方がいらっしゃいます。
ご自分でご自分を追い詰めて疲れた表情でご相談にこられる方がほとんどです。
配偶者との関係は生活において一番ウエイトを占める部分であり至極当然の事ではあります。

探偵業を始めて10年以上が経ちますが、最近気づいた点があります。
それはご相談に来られた方の最初の希望と最終的な結果が逆になることが多いということです。
どういう事かといいますと、
ご相談当初は「復縁したいので相手の情報が知りたい。」とおっしゃる方のケースですが最終的には離婚裁判となったり、
逆に「離縁したいので、相手の情報が知りたい。」というケースが最終的には復縁したり・・・

これを考えていてハッ、としました。
最後の力や気力を振り絞ってご相談に来られるわけです。
自分のなかで、疑心暗鬼になって最後の判断として第三者の意見を聞きにくるわけです。
「実は自分の考えと違っていて欲しい・・・」「きっとそうに違いない・・・」色々な考えが頭をよぎるのだと思います。
おそらく配偶者の事をまだ信じていると自分に言い聞かせ自分に鞭打ち、最後の気力を振り絞って
メールをしたり探偵事務所の扉を開くのだと思います。
身が引き締まる思いでした。

私どもは調査と報告のみがお仕事です。
答えを求められればできる範囲、多少無理でもお答えしますが、
最終的なご判断はお客様にいつもお任せします。

もう一度復縁するか、離縁するかという判断です。
(実はその他もあったりするのですが今回の趣旨とは外れますのでまた機会があったときに書かせていただきます。)
おおまかにいってこの二つの選択肢しかありません。
私どもはその判断により今後の流れを提示することができます。

やり直す選択肢の場合、様々な手だてがあります。周りの人間関係に傷をつけずに配偶者を帰ってくるように仕向けたり、
離縁される場合には裁判、裁判後の実生活へ戻る際の対処方法など今後の取りうるべき手段をすべてご提示させていただきます。
それができるのは長い時間をかけて得た実績と経験があるからです。

いつもそのような事を考えて張り込みをしています。
愛媛はここ数日特に冷え込みますね。皆さんも風邪には気をつけてください。
私も張り込み中風邪を引かないよう気をつけます。

262007/11 愛媛県でのお仕事

おひさしぶりです!Tです(・∀・)つ
今回は愛媛での探偵という職業について書いてみたいと思います。

私も愛媛県の人間なので愛媛のことは一通りわかっているつもりです。
愛媛県、実際は狭い狭いとよく言われるのですが、広いと感じることも多々あります。

狭い!っていうのはやはり交友関係や土地的なものですかね・・・?
人物について調査しててもわりと簡単に情報を得ることができる反面、調査していることがバレないようにすることに気を使っています。

広い!ってのはやはり土地的なものですね・・・。
平気で数十キロ、数百キロ車で移動する人も居るのでそういう人の調査とかは本当に疲れます・・・。車中泊はお手の物です
都市的にも東京と結びつきが強い都市なので東京まで追っかけてったりなどした時は本当にキツいなぁと思いますね。

探偵から見た愛媛県みたいな話になりましたがまた次回(・∀・)つ

152007/11 愛媛県の事件事故ニュース

こんにちはー(・∀・)つ

blogを見るような人たちは新聞を読むよりはインターネットでニュースを見てますよね?
どこのニュースを見ているかの統計を取ると、Yahooのトップページのニュース。
あれを見ている人が大半らしいです。確かに便利ですよね。
しかし、あの限られた文字数で全てを表現するには難しい・・・それは分かりますがクリックして
予想していた内容と全く違うとき東スポの見出しに騙されて買ってしまった的な落胆?
を味わいますね。あれはクヤシイ・・・。(`ε´)

私は全国的なニュースを見るときはgoogleNews
地元愛媛のニュースを見るときは愛媛県警事件事故速報を見ています。
これはニュースというよりは文字通り愛媛県内の事件事故の報道だけなのですが、
たまに全国紙に載らないようなマイナーニュースが載っていたりするので割と侮れないです。
ミカン泥棒などのニュースが載るのも愛媛ならではといったところではないでしょうか?

この事件事故速報、パッと見た感じ他の警察ホームページにないようなので愛媛県警さん頑張ってるなぁと
思います。が、更新頻度が低いのでもうチョッと更新頻度を上げてもらえると助かります。
いつも愛用しておりますので愛媛県警サマよろしくお願いします。(・∀・)つ