102017/07 「婚外恋愛」という名の「浮気」

9e3c0d37647ec7e3d6a1d7abcd4be9f9_s

アジサイが暫くぶりの雨で輝きを取り戻しています。

そんな休日の朝、

ネットサーフィンしていたら「婚外恋愛」などという

言葉を発見しました。

 

いわば「浮気」ですよね。

でも、「浮気」という言葉の響きとはまったく違う「爽やかさ」を感じませんか?

 

読み進めていくと

「婚外恋愛」にはルールがあり

それは「お互いの家庭を壊さない」ということだそうです。

 

もっと言うなら、

女性は「自分の家庭を壊さないために、婚外恋愛」をするとか。

 

自分を女性として見なくなった夫への不満を

他の男性で解消し

満たされた心と身体で家庭に戻っていく…ということらしいです。

 

他に好きな男性ができても「家庭」は壊さない。

つまり、夫は男性としてではなく生活に必要な存在となるわけですね。

「亭主元気で留守がいい」といったところでしょうか。

 

しかし、しかし

世の中そんなにうまくはいかないのです。

「お互いの家庭を壊さない」という約束は

男女間では、かなり無理な約束なのです。

 

 

最終的には泥沼の浮気状態になることは避けられないと思います。

いくら言葉を変えようと

自分を正当化しようと

その先にハッピーエンドは期待できません。

 

妻帯者であろうと

何であろうと

人を好きになることは自由だし、禁止することは不可能です。

 

しかし、社会人として、家庭人として

いかに自分を律して責任を持って生活していくか。

 

常に自分との戦いかも知れません。

 

頑張るしかないのです。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。