292008/01 気持ちが変わるとき

こんにちは、Tです。(・∀・)つ

今日はご相談者の気持ちの変化について考える所がありましたので
その事を書かさせていただきます。

当社は浮気・不倫調査専門の興信所ですので必然的に男女関係でお悩みの方がいらっしゃいます。
ご自分でご自分を追い詰めて疲れた表情でご相談にこられる方がほとんどです。
配偶者との関係は生活において一番ウエイトを占める部分であり至極当然の事ではあります。

探偵業を始めて10年以上が経ちますが、最近気づいた点があります。
それはご相談に来られた方の最初の希望と最終的な結果が逆になることが多いということです。
どういう事かといいますと、
ご相談当初は「復縁したいので相手の情報が知りたい。」とおっしゃる方のケースですが最終的には離婚裁判となったり、
逆に「離縁したいので、相手の情報が知りたい。」というケースが最終的には復縁したり・・・

これを考えていてハッ、としました。
最後の力や気力を振り絞ってご相談に来られるわけです。
自分のなかで、疑心暗鬼になって最後の判断として第三者の意見を聞きにくるわけです。
「実は自分の考えと違っていて欲しい・・・」「きっとそうに違いない・・・」色々な考えが頭をよぎるのだと思います。
おそらく配偶者の事をまだ信じていると自分に言い聞かせ自分に鞭打ち、最後の気力を振り絞って
メールをしたり探偵事務所の扉を開くのだと思います。
身が引き締まる思いでした。

私どもは調査と報告のみがお仕事です。
答えを求められればできる範囲、多少無理でもお答えしますが、
最終的なご判断はお客様にいつもお任せします。

もう一度復縁するか、離縁するかという判断です。
(実はその他もあったりするのですが今回の趣旨とは外れますのでまた機会があったときに書かせていただきます。)
おおまかにいってこの二つの選択肢しかありません。
私どもはその判断により今後の流れを提示することができます。

やり直す選択肢の場合、様々な手だてがあります。周りの人間関係に傷をつけずに配偶者を帰ってくるように仕向けたり、
離縁される場合には裁判、裁判後の実生活へ戻る際の対処方法など今後の取りうるべき手段をすべてご提示させていただきます。
それができるのは長い時間をかけて得た実績と経験があるからです。

いつもそのような事を考えて張り込みをしています。
愛媛はここ数日特に冷え込みますね。皆さんも風邪には気をつけてください。
私も張り込み中風邪を引かないよう気をつけます。

秘密厳守。お気軽にご相談ください。